相続税の物納とはどんなもの?

投稿日:

相続税の納付に関しては原則的に現金で行います。
そのため現金以外では納付することができないと思われていますが、現金以外でも納めることが可能となっています。
もし相続税を現金で納付することが出来なくなってしまった場合にはどのようにして納めることになるのかをチェックしてみましょう。

相続税を現金で納付することができない場合の手段として物納と呼ばれる方法があります。
物納とは相続税を分割して支払うことができず、なおかつ現金での一括納付も難しい場合のみ認められます。
現金以外に認められる納付物は建物や土地などを始めとした不動産で納めることが出来ます。
しかし要件を満たしていないと認められないため、すべての方が活用できるとは限りません。

また以前はとても時間のかかることで知られており、あまり活用する方が少なかったという側面があります。
場合によっては10年まで時間がかかるなどというケースもあり、現在では改正され利用しやすくなっています。
現在でも物納を認めてもらうための申請書の作成は膨大なため、個人で行うのは難しいことがあります。
そのため税理士などに依頼するのが一般的となっています。

相続税の納付に物納を選択するメリットに関しては、譲渡所得税が発生しないことです。
一般的に不動産などを他人に譲ると譲渡所得税が発生します。
しかし物納は国に対して譲渡するため、物納許可限度額までは譲渡所得税が非課税となります。

物納のデメリットはやはり物納が認められるまで時間がかかること、その間に利子税が発生することです。
そのため現金で一括で支払うよりも額が大きくなることも考えられます。
また前述の通り、物納申請を個人で行うのは難しく税理士などに依頼して申請書を作成してもらうため費用が発生します。
その他のポイントとして不動産の評価を市場の時価として認めるのではなく、相続税で申告したときの評価額で認められるため額が変動することにも注意が必要です。