相続税の延納と分割について

投稿日:

相続税の延納はどのくらい分割できるのかについて気になる方も多い要素です。
延納をこれから行う方はどのようなポイントに気をつけて申請を行うべきかを抑えておきましょう。

延納とは相続税を現金で一括納付出来ない場合に分割で納付することを申請し認められれば行うことが可能になります。
最長で20年間に渡って納付を行うことができ、相続財産を含め資産に不安がある方でも安心して支払っていくことができます。
この延納の制度を使って個人がしっかりと納付していくにあたって適切に分割を行う必要があります。
その分割方法については延納申請書に記入します。

延納申請書には相続税をいくら分割したいのかを含めて、一回あたりの支払い額、支払いのスケジュールなども記載します。
これについては個人のスケジュールで申請を行いますが、常識から逸脱するものや20年を超えるような計画であると認められない可能性が高まります。
またこの延納申請書には納付期限までに現金で一括納付するのが難しい理由も記載する必要があります。
延納を申請する理由と相続税額、延納する期間の整合性を確かめておくようにしましょう。

延納の際には担保が必要になることがあります。
延納の税額が100万円以上であり、かつ延納期間が3年を超過する場合には延納税額に相当する担保を提供する必要があります。
そのため担保についても担保提供関係書類を提出します。
担保が期限までに用意することが出来ない場合は担保提供関係書類提出期限延長届出書を提出し延長申請を行います。
これにより最長6ヶ月まで延長することができ、その間に担保を準備することができます。

このように延納の手続きを進めて相続税を分割して納付します。
もしこれらの手続きが難しい場合は行政書士や司法書士などに依頼して手続きを行ってもらうという方法があります。
適切な分割から申請書の作成までを依頼することができ、手軽に延納を進めることができるでしょう。