相続税物納は専門家に相談しよう

投稿日:

相続税を物納で納付する場合にすべての工程を個人で行うのはかなり難しいでしょう。
また物納を行うかどうかの判断も個人で決めてしまうと逆に大きな損をしてしまうことも考えられます。
そのためこれから相続税を物納で納付したい場合には専門家に相談しましょう。

相続税を物納で納付する場合には要件を満たした上で許可を受ける必要があります。
これらの中には個人で判断しづらいものが多く存在しています。

まず物納申請財産です。
物納申請財産とは国が管理処分することができる不動産や有価証券などからなり、場合によっては認められないこともあります。
物納として認められるものは国債や地方債、不動産や船舶、その他は社債や株式などになります。
すべてが認められるとは限らないので専門家に判断してもらうのがより確実になるでしょう。

次に物納申請書の作成です。
物納申請書とは、相続税の納付期限、または納付すべき日時までに物納手続関係書類を添付した申請書を提出する必要があります。
これを提出しないと物納が認められません。
そのためスムーズに作成できるようにしておきたいといえます。
しかしこの物納申請書は約100ページを超える量になることもあり、作成するのは非常に大変です。
特に初めて相続税を物納する方にとっては作成は至難の業となるでしょう。
そのため物納申請書を含めて専門家に依頼することでスムーズに物納申請を進めることが可能になります。

そして物納を行うことで損しないかどうかの判断までチェックしてもらえます。
場合によっては金融機関からお金を借りて一括で納付した方がお得になる場合もあるので、総合的な判断も任せることができます。

相続税の物納に関しては税理士や司法書士などの専門家による無料相談を受け付けていることもあります。
思い立った時など、気軽に相談することも可能です。
わからないことや不安なポイントが有る場合には個人で判断を行わず、専門家へ相談してから判断することで間違った方向へ進むリスクが低減されるでしょう。