相続税延納は専門家に相談しよう

投稿日:

相続税の延納について専門家に相談してみるのもおすすめです。
なぜかというと延納を行うことによって、一括で支払うよりも大きく超過して支払うことになってしまうケースも考えられるからです。
そうなってしまうと多くのお金が必要になるだけではなく、相続税の納付については金融機関などからお金を借りて一括で納付した方が安く抑えることができたということもあります。
納付で後悔をしないためにも、延納を申請する時には専門家の意見を参考にしてみましょう。

延納とは相続税を一括で納付するのではなく分割で納付することになります。
延納を認めてもらうには相続人が要件を満たしている必要があり、延納申請書および担保提供関係書類を期限までに提出する必要があります。
個人でも申請書を作成して申請するのは難しくはありませんが、担保の選定などは難しいこともあります。
担保に選定できるものは延納の税額に相当するものでなくてはいけません。
そのため担保の評価額などを専門家にチェックしてもらうことで間違いなく行えるようになるでしょう。

また延納に関しては、期間中は延納税額に応じて利子税が発生します。
この利子税については一定の率となっているのではなく、財産の内不動産がどれだけの割合を占めているのか、それに加えて延納の期間に応じて延納利子税の割合が決定します。
これに加えて特例割合も加えられるため最終的にどれくらいの金額を納付するのかがわかりにくいことも多いです。
そのため最終的に納める金額については専門家に概算してもらい、最終的に延納を行うかどうかの判断の参考にすべきでしょう。

相続税の延納に関して、初めて行う方はもちろん不安なことがある方は税理士や司法書士などの専門家に相談してみましょう。
事務所やホームページなどによっては無料相談を受け付けていることもあり、気軽に専門家の意見を参考にすることができることもあります。
専門家に相談し、満足のいく延納を行えるようにしましょう。