財産目録に載せる不動産の評価額とは

投稿日: カテゴリー: 手続き

財産目録を作ると、遺産分割協議や相続税の計算もやりやすくなりますし、いざとなれば延納や物納を考える際の資料にもなります。
非常に便利なのですが、これを作成するときは各遺産の評価額を記載しないといけません。
評価額とは、その資産の現金価格のことです。
現金や預金ならその金額をそのまま記載すればいいのですが、不動産の場合はその価値が少しわかりにくいですよね。

このときの評価額ですが、指定の方法で計算します。
計算式がわかれば、個人でも不動産の評価額を調べられますから、これを調べて財産目録に記録してください。
すべての不動産の評価額を調べられれば、少なくとも不動産に関してはすべての評価額を載せられたことになります。

その不動産の評価額の計算方法ですが、賃貸などに活用していない普通の不動産の場合、まず土地の計算方法は路線価方式と倍率方式とがあります。
どちらかを使って計算するのですが、これは好きな方を選べるのではありません。
路線価が設定されているエリアにある不動産は路線価で、路線価が設定されていないエリアの不動産は倍率方式で計算すると決まっています。

路線価とは、その土地についている値段の単価のことです。
これが決まっていれば、その路線価を使ってその土地の評価額を計算できます。
これが決まっていないエリアの場合は、倍率方式となります。
こちらの場合、固定資産税評価額に所定の倍率をかけることで、その土地の評価格を計算します。
どちらのデータもインターネット上で公開されているため、路線価もしくは倍率を調べることで、その土地の評価額を調べられますよ。

なお、建物がある場合、その建物の評価額は固定資産税評価額をそのまま使用します。
これは市町村から通知が来ているはずですから、それを見て金額を確かめてください。

もしその不動産を賃貸として使っていたりすると、計算式が少し変わります。
誰かに貸している不動産は持ち主の都合だけで自由に使えないため、通常よりも評価額が少し安くなるように設定されているのです。

その計算式ですが、土地については、「自用地としての評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合」という計算をまず行い、この金額を自用地としての評価額から引きます。
その上に建っている賃貸マンションなども同じく、通常よりも少し評価額が下がる計算をします。
その計算式は、「固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)」となります。
このようにそれぞれ不動産の評価額を調べる計算式がありますから、これでその評価額を計算すると、財産目録を完成させられますよ。