財産目録について

投稿日: カテゴリー: 手続き

遺産相続の対象になる財産は非常に数が豊富で、どれがプラスの財産もあればマイナスの財産もありますし、相続対象にならない財産もあります。
普段から遺産相続について調べている人や仕事でそういったことを扱っている人であればこれはどういう種類の財産なのか分かるでしょうが、普段の生活でどれが遺産相続の対象になるのか気にしている人はほとんどいないでしょう。

したがって被相続人が亡くなって遺産相続するときにはどれどれを相続すればいいのか分かりませんから、財産調査を行って相続対象になる財産を明確にします。
しかしあらかじめ財産目録を作成しておけば財産調査はスムーズに進めやすいですし、遺産分割協議のときにも役立ちますのであらかじめ作成しておくことをおすすめします。

それでは財産目録を作成するにあたってどのような点がポイントになるのか解説していきたいと思います。
まず最初に調べておかなければならないのが、財産とはどういったものがあるかで、これが分からなければ財産目録を作成することはできません。

まずプラスの財産となるのはマンションやアパートなどの建物や宅地、農地、建物、店舗、オフィス、居宅、借地権、借家権といった不動産や不動産に関する権利、現金、預貯金、株券、貸付金、売掛金、小切手や自動車、家財、船舶、骨董品、宝石、貴金属、美術品といった動産、ほかにも電話加入権、ゴルフ会員権、慰謝料請求権、損害賠償請求権などがあります。
そしてマイナスの財産となるのは借金、買掛金、住宅ローン、小切手といった負債、未払いの所得税と住民税、その他未払いの税金、未払い分の家賃と地代、未払い分の医療費などがあります。

相続の対象にならない財産は生活保護受給・国家資格・親権・罰金など、香典、弔慰金、葬儀費用、生命保険(受取人指定方法による)、死亡退職金、遺族年金など、墓地、墓石、仏壇、祭具、系譜といったものがあげられますので、これらは省きます。
次に各財産を分類して記載していき、評価なども記載しておきます。

そうするとこの財産はこれくらいの価値があるというのがすぐに分かりますから、財産調査するときにも照らし合わせるだけでいいのでとても楽に進められますし遺産分割協議も財産目録を見ながら進められます。
記載方法は日本語でも英語でも構いませんが、相続人となる人が読みやすいほうが良いと思いますので、帰国子女など英語が母国語の人の場合は専門家に相談して作成することをおすすめします。