財産目録と行政書士

投稿日: カテゴリー: 手続き

相続税の延納や物納のため、用意しておきたいのが財産目録です。
これは行政書士に頼めば作ってもらえます。
相続税の対応のためには何かと役立つ目録ですから早めに作っておくといいでしょう。

財産目録とは被相続人の遺産を一覧で記したものです。
たとえば被相続人が自動車、自宅の一軒家、家財道具一式、預金、現金といったものを残して亡くなったなら、これらを一覧で書くのです。
具体的にどんな一覧表になるのかというと、テンプレートに決まりはありません。

ただ、その財産の種類ごとに表を分け、各種類ごとに通し番号をつけたり、各種類の中でも個別の財産が見てわかるようにします。
たとえば預金なら金融機関の口座ごとにわけて記載するとわかりやすいでしょう。
同じように自動車も何台かあるなら、車種ごとに1台ずつ記載します。
そして各財産の評価額がいくらなのか、その金額も一緒に記載してください。

このような財産目録を作る意味は、故人の遺産として何がどれだけあり、総額でいくらなのかといった各条件をわかりやすくするためです。
この目録がないと財産に集計漏れが出たり、相続人同士で遺産の総額を勘違いしたりします。
今何を相続しようとしているのか、まずはそれを整理するため、この財産目録を作るのがおすすめです。

そしてこれは延納や物納を考えるときにも役立ちます。
これら延納や物納は例外的な納税方法で、これらが許可される条件に当てはまらないと基本的に許可されません。
それを知るためにも結局は遺産が総額でいくらあり、その内訳がどうなっているのかが大事ですから、財産目録を作るのは大事なことです。

特に物納を考えるなら、株式や不動産などの遺産が必要です。
そしてそれら財産のどれを物納資産として提供するのか、それを考えるときにも暗算で対応するより財産目録を見ながら検討した方が、より適切な物納プランを立てられます。
このように財産目録は相続において総じて役立つものですし、いざとなれば延納や物納にも使えます。
なるべくこれを作っておくといいでしょう。

なお、先にもご紹介した通り、この財産目録は個人でも作れるものですが、遺産の量が多かったり、自分で作る時間がなかったりすれば、専門家に依頼できます。
これに対応できる専門家には行政書士がいます。
財産目録を作るための準備からサポートできる専門家も多いですから、相続税の申告や延納・物納のためにも財産目録を作りたいなら一度相談してみるといいでしょう。