相続税と保険金受取人の関係

投稿日: カテゴリー: 相続税延納、物納

相続

・相続税と保険金について
相続税を支払う人は、保険金のことも考えておかないといけません。
相続の際、被相続人から法定相続人が相続するものは現金や住宅、土地などが一般的です。
しかし、中には死亡保険金などもあり、そちらが課税対象となることもあります。
実際に自分が保険金受取人になる場合は、しっかりとそれらの点を確認しておくことが必要です。
もちろん、保険金に関しては「なんで保険なのに税金がかかるのか」と疑問に思う方がいるのもわかります。
しかし、例えば保険金が多く入ってきた人がいて、保険金が非課税だった場合は不公平だと思う遺族も増えていくでしょう。
そういう公平な点も考えて、保険金受取人に関しては課税される場合があります。
ただ、絶対に相続税に影響してくるということではないので、そこは条件によっても変わってきます。

・保険金受取人とはそもそもどういう人なのか
保険金受取人というのは、文字通り保険を受け取る人のことを言います。
例えば、夫が亡くなった場合、妻などの配偶者に保険金が入る場合があるでしょう。
その場合、妻が保険金受取人となります。
その逆もまた然りだと言えるでしょう。
この保険金受取人に関しては、保険金を得られるということもあって、多額の財産や資産が入ってくることもあります。
特に日本では配偶者が優遇されており、相続税においても配偶者控除などが受けられます。
保険金受取人として指定されることが最も多い配偶者が、控除も受けられて保険金も受け取れるとなれば、他の遺族は納得しないかもしれません。
だからこそ保険金受取人に関しては課税対象となることがあるわけです。
そういう意義についてもしっかり理解しておくことによって、少しは相続税に対しても前向きに対処できるようになっていくのではないでしょうか。

・保険金の課税対象
保険金に関しては相続税はもちろんなのですが、実は贈与税や所得税の課税対象にもなるのを知っているでしょうか。
保険金受取人になれば、相続税が発生するのはもちろん、生前贈与した場合は贈与税、所得として換算される場合は所得税として課税されます。
ここも理解していないと納得できないと思うので、まずは知識を深めましょう。
なお、わからない時には税理士などに相談すると効果的です。
税理士は理想的な節税をサポートしてくれるので、相談する価値は十二分にあると言えます。
ぜひ税理士なども合わせて活用してみてください。